• コラム
  • 2017. 02. 26

美容師だけで止めておく必要がない多様化の時代

「美容師の働き方の多様化について」とテーマを頂きました。

丁度先日、栃木の美容室経営者さんに召喚されたので、この話題についてお話をしてきました。

自身の目標に繋がるのであれば、どんな働き方でも良い

いきなり結論ですが、自身が思い描く道に繋がっているのであれば、どんな働き方でも良いと思います。

・正社員
・パート
・アルバイト
・業務委託
・フリーランス

何を選択しても、それが未来につながっているかどうか?
自身を鍛え、美容師やその先の何かを見据えているのかどうか?

それができていれば、どんな働き方でも良いと思ってます。

”自分を知り、なりたい&合う道” 『選択すること』 が重要じゃないですかね?^^

今は好手な選択が留まる事で数年後には悪手にもなる可能性

自身が気を付けているのは今のステージに留まりすぎない事。

2015年5月に独立し美容室を作り、2店舗とスタイリストスタッフを8名の体制まで整えて、2016年12月に現場を離れ完全に経営者に回りました。

独立した時は、美容室を作ることが目標でもあり好手だと思いました。

が、

留まる事で自身の成長の妨げにもなるような悪手の可能性を感じ、「常に学び成長しステージを上げていく事」が大切だと考えています。

だからこそ、困難な道でも、自分の成長に合わせたステージ選択を重要として道を決めています。

違いを作り組み合わせ、自分の成長に合わせた進化と昇華の必要性

「美容師です!」「スタイリストです!」だけでは普通過ぎる

同じように、「美容室です」だけでは普通過ぎる。

そこに憧れるようなステージがあったり、環境やシステムが整っていたり、何かしらの強みがないといけないな~と、常々思います。

ご相談に来てくださる 美容室 & 美容師さん は ”普通”なんです。

もちろん頑張っているんですが、他社や他人(美容師)と同じ取り組みの頑張りなんです。

だからこそ、時間と共に”飽和”という言葉に悩まされてしまいます。

自分のやりたい事や進みたい未知へ繋がる昇華と進化をしてきている人が、”今”の業界の憧れを作っているんじゃないですかね?

美容師だけではない何か、固定概念にとらわれなくても良い

美容師でありながらも、ブロガー、出版、セミナー講師、メーカーに回る 等々、

ネットが当たり前でスマホが普及し、顧客一人一人とつながる事ができるようになったからこそ、色んなカタチで展開できるわけです。

私自身も、前の職場で現場をさせて頂きながら、

・HPの受注と作成&アドバイス

・ブログからの広告収入

・セミナー講師

などもやれていました。

正確には”普通”のままの成長選択では、美容師としては生きていけないと思いました。

その時に、今のステージから抜ける為に身に着ける事ができたスキルのおかげで、今は美容室経営をやりながら様々な土地に行って人と会う生き方ができていると思っています。

言われた事だけをやって学べるのは”普通”のステージまでじゃないかな

サロンの「スタイリスト」までは、どこの美容室でも教育環境が整っているのではないでしょうか?

その先の自分の在り方とか他の人との違いというのは、やっぱり見つけて選んで作り込んでいかなければいけないと思います。
ヒントはあげられても、与えようがないですからね。自分にあった道は見つけるしかない。

それができるようになると可能性は広がり、自身が思う方向に人生の舵とりができる。

「やりたい事を見つけて自分の進化のさせ方を身につけている人は強い」です。
どんな波がきてもカタチを変えて乗り越えられますからね。

人と会い、話して、比べて、選び方と歩み方を学ぶ

人から学ぶことって生き方から知る、選択と歩み方だと思っています。

自分を知るために必要だと思う事は、人と会い、話す事。

同じ人と同じ角度で話していても深堀はできるけど、そこまでなんですよね。

だからこそ、

違う人や異業種の人と会う。
話す。

人生観を聞かせてもらう。

知ることができればまた少し選択が広がります。

今はそんな環境に自分自身を置けるようにしています。

ありがとうございました^^

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ブログ制作ならPOOLMAGAZINE

NEW ENTRY

最新記事のつづきを見る

CATEGORY

POPULAR ENTRY

BACK TO TOP