• コラム
  • 2015. 01. 08

美容の”起”はありますか?

新年明けると大体ミーティングで…

「今年末にはこれくらい…」

「今年の目標はこうだ!」

みたいな話が出るのは常と言えますよね。

もちろん僕も内に秘めたる目標があります。

大体話に上る時に…

「月額売上”〜〜万円”はやりたい」

みたいな締めになると思うのですが、大体クリア出来ない人には特徴があると思っています。

・まず「自分の思う美容」というものが明確でない。

基本的に人柄が良いことは言うまでもありませんが、あまりに漠然とした掲げ方をしているという風に思うわけなんですよね。

発言から感じられるものは…

「何をポリシーとして顧客に提供するのだろう?」

と思ってしまうわけなんですよ。

それを問われた時即座に答えられる…

起承転結の”起”というものがありますか?

僕は人に「貴方の美容とはなんですか?」と問われると本年に関しては…

・「背中を押す美容」

と答えます。そう顧客の背中を押す。自信を持たせる。ワンランク上の女性像、誇り。

上質、ハイソサエティ感。

そういったものを後押しする「美容」

髪を通じてそういった女性の「像」を応援したい。

という美容の願望ですね。

そういった「ポリシーの様なもの。自分のスタートラインである”起”」を持ってないと明確なプロセスは描けないと思っています。

・謙虚姿勢が過ぎて「負のスパイラル」を形成しているケースってありません?

そういった「自分の”起”」みたいなものが描けない人の場合…

「先輩の真似というのを意識しすぎて自分をブラしているのでは?」

と思わせる発言が多い様に思います。

「〜〜さんの様に」

「〜〜さんの良いところを勉強させて頂いて」

「とてもいい環境なのに…」etc…

それももちろん大事な事であるのは言うまでもありません。

が…

「まずは自分の提供したい”美容”というものを考えてみてはいかがだろうか?」

そんな風に思うわけなんですよね。

・自分はどんな美容師になりたい。

・こうでありたい。

・こんなのが僕の理想。

・こんなものを提供したい。

・僕が好きな女性像はこう。

etc…

多分これがないと明確なプロセスというものは描けないと思っています。

そう…

達成出来ない人の場合、自分の本質形成をしていない場合が多い。

そういう感想を。

よく叫ばれる事に…

「楽しむ」

というキーワードがあると思うのですが、本質的にまず「楽しむ」には…

「自分らしさ」

というものが必要だと思っていて、その「らしさ」を出すことに億劫になってはいないでしょうか?

そしてその「らしさ」というものに自信が持てないのではないでしょうか?

もちろん「自信」などということは今現在での自分でも到底持てるものではありませんが…

「描く」

ということはできます。

・自分らしく描いて「楽しむ」

こういう自分作りが出来た時、そしてそれを顧客に提供した時に必ずや伝わるものがあり、必然的に増えていく…

結果、自分の立てた目標に対してクリアできる道筋が出来てくる。

そんな風に思います。

違った切り口になりますが…

僕がいつも言われたりする事で非常に不可解なキーワードもあって…

・自己プロデュース ・セルフブランディング

というキーワードもミーティングに上がったりするのですが…

僕が述べる意見は…

まず「キーワードに支配されるのはやめた方がいいよ」

という事。

第三者が見て「セルフブランディングとか自己プロデュース」というものに成功してると思われる人は誰もそんな自覚ないよw

と…

まずそういったワード切り口に支配されている時点で「らしさ」は得られません。

誤解釈だと思います。

僕は割とそういう風に思われがちなのですが…

「普通、てゆーか普通」

と思うわけなんですよね。

別にプロデュースしてる気もブランディングしてる気もなく、その言語が生まれる時点でナンセンスと思っているし、そういったキーワードに支配されている人は基本的に求心力が得られるとは思えません。

インターネットにおいても…

そこにそれがあったから。

という、現在まだ意識があまりないレベルでiPadを普通に使う幼稚園児と同じ様な感覚なわけで…

「特別な事をやっている。と思った時点で否定しているのと変わらないよ。」

なーんて思うわけなんですよね。

「らしさ」を表現するのに最適なツールだっただけ。そこにあっただけ。

自分の”起”が明確にある場合。

それが自分にとって普通な場合。

違和感を覚える事は間違いありませんね?

その他の事でも同じ現象と思います。

僕がまた違った”起”を持っていたらまた全然違う事をやっているかもしれません。

もしかしたら「直筆とかのコミニケーション」にこだわり手紙書きまくったり挨拶回りを重視しているかもしれません。

それはそれで全然いいと思っていて、「あ〜これはなぁ〜」と思うのは…

「キーワードに振り回されたり、自分の軸をブラしてしまう事」

だと思っています。

「らしさ」追いかけて楽しめよ。そしてそれを提供しろよ。

これか新年明けてすぐのミーティングで述べた事。

いかがですか?

これを読まれている方に「自分の美容の”起”」はありますか?

そしてそこに対して「楽しめて」いますか?

そしてそれを…

「提供」していますか?

僕自身にも問いかけ、そして実行していける一年でありたいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ブログ制作ならPOOLMAGAZINE

NEW ENTRY

最新記事のつづきを見る

CATEGORY

POPULAR ENTRY

BACK TO TOP