• 教育
  • 2016. 08. 22

完璧シャワーズ

すこーしばかりご無沙汰しておりました。

オーサーの 茶々丸 です ♪( ´▽`)
今日は


『コミュニケーションに対する茶々丸なりの心掛け』を少し書かせて頂こうかと思います。
茶々丸も今年40歳になります。

いつまで経ってもキモチだけは若いのですが(笑)

入社して1〜3年辺りのアシスタント君からすれば立派なヲッサンです ((((;゚Д゚)))))))

下手したら 父親に近い位です。
時代は違えど、茶々丸が入社したころに キャリア20年選手など 『雲の上の存在』であって業務的な質問以外はした記憶がありません…

モチロン。返事は全て『 YES 』 ( ̄◇ ̄;)

茶々丸はあえて『相手の得意分野』に コチラから飛び込んでみたりします。
最近で言えば… 【 ポケモンGO 】とか(笑)
茶々丸はファミコン世代ですから、ポケモンは ピカチュウしか知らないヲッサンですからね。

20歳前後の若手に教えを乞うワケです。
プライドもヘッタクレもありませんし、そんなモノは今どき犬も食いません  ♪( ´▽`)

ポケモンに関しては彼らの方が遥か先輩ですし。
茶々丸にしてみれば モンスターボールをポイポイ投げるだけの奥行きのないゲームだなぁ…と思っていましたが、

ポケモン先輩(後輩)からの教えを受けると…

『おぉ。進化のさせかた1つにそんなコダワリが…』

( ̄◇ ̄;)と感心させられたりします。
『 個体値っ?!ヽ(´o`; なっ?なんすか?それ 』

と1年目のアシスタントに聞いてみようものなら

『 えぇ?!知らないんすか? 』と

なんとも嬉しそうにニコニコと語ってくれます。

(調子に乗りすぎてタメ語になってましたが、それはそれで ご愛嬌ですね…笑)

そんな日が数日続くと彼の方から話しかけてきます

ポケモン先輩

『見てください!このポケモン!』

茶々丸

『なんや!完璧シャワーズとか(笑)』

ポケモン先輩

『いやいや個体値ヤバいんすよ…最強です!』

サロンで起こる出来事や技術の話。

モチロン仕事である以上 1番大事なのですが、

仕事である以上 キャリアが伸びるほど 若手との壁はドンドン厚くなりますよね…

( ̄◇ ̄;)

その壁は先輩から見た壁ではなく

後輩から見た壁の方が遥かに高く厚いと思います

そりゃ当然です。
でも、相手の得意分野にコチラから飛び込んでみる
なんでも良いんです。

キッカケが出来、冗談の1つでも言える距離になるコトがコミュニケーションにたいする取組み?なのでないでしょうか?

あえて若い子に教えを乞うコトで、40歳になった今も沢山のことを吸収できていますしね

(=´∀`)人(´∀`=)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ブログ制作ならPOOLMAGAZINE

NEW ENTRY

最新記事のつづきを見る

CATEGORY

POPULAR ENTRY

BACK TO TOP