• コラム
  • 2016. 04. 04

はじめの一歩より、走りはじめの方がよっぽどキツイ。

こんにちは。

4月になりましたね。

今日は新しく美容師になる皆様へ・・・

新しく美容師になった皆さんも、2年目とかになった皆さんもいろいろ心機一転がんばろう!って感じだと思います。

僕もそうです。

4月ってなにかをはじめるタイミングっていうか、4月ってなにか始めなきゃいけない空気ありますよね。

よく考えたら意味わかんないんですけど(笑)
僕もそんな中の一人で、1日金曜日に高円寺にUp to Youという美容室をオープンしました。

image
心機一転がんばろう!

というまさにそれです。
僕にとってのオープンの日は特別なもので、新しい一歩を踏み出す記念すべきものでした。

もう死んじゃうんじゃないかというくらい忙しすぎる日々でしたが、その日を迎えてみればなんてことない。

「意外とやれんじゃん」

と、そんな感じでした。
新しく美容師になった学生さんもきっと同じように忙しくしてその日を迎えたんだと思います。

試験とか卒業とか友達との別れとか引っ越しとか、いろいろ。
そして緊張したまま初出勤の日を迎えたことと思います。

僕の考え方的になんですが、いろんなことを乗り越えて、勇気を出して踏み出した第一歩は二歩、三歩と勝手に進んでいき、それがやがて大きな夢の実現に繋がると思っています。

だから、踏み出してしまえば、イケる・・・と。

美容師としての一歩を踏み出した皆さんもきっとそのまま突き進んでいくんだと思います。

当たり前だけど、ブレーキをかければその足は止まります。

それは挫折とか、なんかそういう事につながって行くのだと思います。

そのブレーキをかけるのは他でもない自分。

辞めるのも、続けるのも、周りは関係なくて全部自分次第なんです。

僕もかつて辞めましたがww

最初の一歩を踏み出すのは誰でもできる。

しばらく続けることも誰でもできる。

でも少したった頃がめちゃツライ

ブレーキかけて立ち止まりたくなるんです。
マラソンに例えると・・・

ヨーイドンで始まるマラソン。

みんな一斉にスタートをきります。

走る前から疲れてるわけないんだから一歩目なんて余裕です。

そして10m

100m

まだまだ超余裕です。

でもそれが1000m、2000mと来た時に「やばい、思ったよりきつい」と思う瞬間がきます。

その距離は人それぞれ。

1キロかもしれないし、10キロかも知れない。

でも、必ずそれは走りはじめにやってきます。
そこでゴールを諦めて足を止めるか、キツイけど頑張るかは自分次第。

足を止めればどんどん先をこされます。

そのうち時間切れになります。

別に美容師じゃなくても、何かを始めるということはそういうことなんだと思っています。

続けることが難しい。
周りなんか関係ないですが、自分がキツイと思った時ほど周りを見てみるといいと思います。

少し先を走る人、キツそうな顔して歩き出しそうな人、もう足を止めた人。

いろいろだと思います。

それをみてきっと悩むと思います。

でもそれでいいんじゃないかなって。

自分のあり方を考えるキッカケになるから。
そして、諦めずやり続ければいつかそれもカタチになるし、辛いとも思わなくなるのかも。

慣れってやつですかね。

僕もこの春から走りはじめました。

ぜっっっっっったいうまくいかなくて悩むと思います。

「お客さん一人もこねえ(゚∀゚)」「し、支払いがあ!」みたいなこととか絶対あります。

でもめげません。

きつくて当たり前だし、全て順調に行くなんて事ないですから。

でも、「最後に笑うのは俺だ」

そう思って走り続けます。

同じ一年目として頑張りましょう!!

image

Blog、SNSもよろしくお願いします。
  ↓ ↓ ↓

* Blog 旅人美容師の1000人カット世界一周の旅

*インスタグラム @juuuuuuuun

*フェイスブック facebook page

*ツイッター   twitter

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ブログ制作ならPOOLMAGAZINE

NEW ENTRY

最新記事のつづきを見る

REVIEW

CATEGORY

POPULAR ENTRY

BACK TO TOP