• コラム
  • 2015. 10. 16

【ブス必見】宝塚歌劇団に伝わる「ブスの25箇条」とは?

こんにちはJUNです。

ブス必見ってすいません(笑)

image

 
って感じですよね。

でも今日はちょっと面白いものを見つけたのでここに書かせていただきます。

日本人ならベイビー以外は知っているであろう宝塚歌劇団

その歌劇団には【ブスの25箇条】というものが代々伝えられているそうです。

それがこちら。
 

1. 笑顔がない
2. お礼を言わない
3. おいしいと言わない
4. 精気がない
5. 自信がない
6. グチをこぼす
7. 希望や信念がない
8. いつも周囲が悪いと思っている
9. 自分がブスであることを知らない
10.  声が小さくいじけている
11. 何でもないことにキズつく
12. 他人にシットする
13. 目が輝いていない
14. いつも口がへの字の形をしている
15. 責任転嫁がうまい
16. 他人をうらむ
17. 悲観的に物事を考える
18. 問題意識を持っていない
19. 他人につくさない
20. 他人を信じない
21. 人生においても仕事においても意欲がない
22. 謙虚さがなくゴウマンである
23. 人のアドバイスや忠告を受け入れない
24. 自分が最も正しいと信じている
25. 存在自体が周囲を暗くする

 
この項目に当てはまる人は【ブス】というわけです。

読んでわかるとおり、容姿について言っているわけではありません。

あくまで内面的なことについてです。

ブスという突き刺さるような言葉を使っていることもあり、自分と照らし合わせてみるとなんだかドキッとしてしまいませんか?

僕はしました。
 

これは一見女性に向けてのものにも思うのですが、男性にも言えることばかりです。

僕達美容師の場合、もちろん接客をするのでこの項目の事を見直すのは特に大切なことなんだと思います。

 
それはお客様に対してももちろんそうですが、一緒に働くスタッフに対しても。
 

同じ職場で働く人同士、長い時間一緒にいるといろんなことがあると思います。

人間関係も様々です。

お客様の前では笑顔でいても、裏ではスタッフの前で愚痴を言ってみたり、笑顔がなくなったりする人もいるわけです。

そういうのってやっぱりお客様の前でも顔に出ちゃうと思うし、わかっちゃうと思うんですよね。
 

 
アシスタント2年目くらいの時の話なんですけど、その日ちょっとスタッフ同士でいろいろ嫌なことがありまして「くっそー」って思ってたんですね。

お客様に施術してる先輩に聞きに行かなきゃいけないことがあったので「失礼します」とお客様に声をかけて話しかけました。

その後その先輩に裏に呼ばれ「お前お客さんの前でそんな顔すんじゃねーよ」と怒られました。

え、俺そんな顔してましたか?ってビックリしたし、気づかずにそういう表情になってたことにショックをうけ反省しました。

職場の人間関係とか、なんかいざこざみたいなのって結局表情に出ちゃうんですよね。

いくらお客様の前で笑ってみても、わかる人にはわかるんだと思いました。

 
きっとこのブスの25箇条を意識して仕事していけば、スタッフともうまくいくんじゃないかなーなんて思いました。
 

ちなみに、このなかで1番「うおっ」と思ったのが「自分がブスであることを知らない」というもの。

 
それは果たして知ろうとしていないのか、気付いていないだけなのか・・・。

 
たまには自分自身に目を向けてみる時間も大事かもしれないですね。
 

僕も気をつけよ・・・

Blog、SNSもよろしくお願いします。
  ↓ ↓ ↓

* Blog 旅人美容師の1000人カット世界一周の旅

*インスタグラム @juuuuuuuun

*フェイスブック facebook page

*ツイッター   twitter

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ブログ制作ならPOOLMAGAZINE

NEW ENTRY

最新記事のつづきを見る

CATEGORY

POPULAR ENTRY

BACK TO TOP