• コラム
  • 2014. 12. 30

2014年を振り返って〜棚卸し編〜



今回は、2014年を振り返ってことなんですが、1月の営業初めに明治神宮に参ったのが、昨日のことのように思い出されます。

 

今年一年の感謝の気持ちが沸き上がってくる時期ですね。

 




今年は、どんな1年だったかなぁって
振り返ると、啓蒙の1年だったなと、


自分が自分に対して、って意味なんですが、色んな意見や、議論をオンライン、オフライン問わず、参加したり、聞いたりと、


自分1人の考えや、発想、想いだけで、走っていた時期もあったんですが、それだけだと、やっぱ視野が狭いし、器が広がんないんすね。


色んな方の価値観や、想いなどに触れ、そういうのもありだよなー。

やったら面白そうだなー。って



そういう、価値観や想いの火を自分の中にくべて悶々と妄想することの多い1年だったななんて、思ってますね。



僕は、やって成果のあった 【仕事】を過去2年までを 【僕】ということにしてます。


それ以前の 【自分】が行った成果のある仕事は、僕じゃないってことにしてます。

 

それというのも、成功体験を引きづらないようにしたいのと、2年というスパンは考えていることや、向いてる方向が全然違うからって言うのもありますし

 

【時代】の空気や【世間】の常識加えてお客様の【意識】や求めているものが、全然変わってしまう。

 

僕が、アシスタントをしていた頃や、新人スタイリストの頃とは、やはりその他諸々を取り巻く【環境】が全く別物になってしまいますからね。

 

 

もちろん普遍的な【想い】や【技術の研鑽】、【おもてなしの心】っていう継承しないといけない部分は、しっかり後進に伝えないといけないのですが、

 

 

二年以上前の【成果】に対しては決別する時期が僕の中での年末なんすよね。

 

 

だから2012年のアフロートジャパンが、オープンした年の頃の僕との決別の時期なんですね。

 

あらたな2015年の僕との出会いでもあるんですけど

 

 

毎年、こういう自分の中での棚卸し的なとこが僕の中での年末ですね。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ブログ制作ならPOOLMAGAZINE

NEW ENTRY

最新記事のつづきを見る

CATEGORY

POPULAR ENTRY

BACK TO TOP