• 教育
  • 2015. 03. 18

そんな甘いもんじゃないぞ☆

BY KANTARO KANTARO

どうも。

 

LIMの統括ディレクターのカンタロウです。

 

毎年この時期になりますと、どこの会社でも同じだとは思いますが、『新人さん』を受け入れるための、様々な取り組みが行われています。

 

新人歓迎会の企画に始まり、教育カリキュラムの見直しや確認、社外講師を招いての啓発セミナーをしたりしながら、『学生気分』の新人さんを立派な『社会人』として育て上げるために、心構えやら、マナーやらを躾ていく方法を考えているわけです。

 

俺たちのLIMグループも例に漏れず、『ゆとり世代』と言われる新人さんに対して、どのように向き合うべきかと、スタッフ一同で、試行錯誤しているところです。

 

俺たちの仕事は『人を美しくして幸せにする。』という、とてもわかりやすい仕事な訳ですが、この『人を美しく幸せにする』という行為を『技術』と呼ぶわけで、この『技術』を身につけるためには、それはその、相当な『努力』が必要になるわけです。

 

そして、これらの『技術』は全て先輩から教えてもらうわけですから、『先輩=師匠』という形が必然的に生まれるわけでして、そりゃぁ、まぁ、師匠なんかに嫌われようものなら、何も教えてもらえなくなるわけですから、夢もヘッタクレも無くなってしまっちゃうわけですよ。

 

つまり、『教えてください!』と自分からこの世界に飛び込んで来るわけですから、それなりに『師匠に尽くす』という事も引き換えにする『覚悟』も必要なわけでして。。。

 

『休み』や『給料』や『福利厚生』なんかは二の次、三の次であり、とにかく『人を美しく幸せに出来る人間になりたい!』という情熱を持っている新人さんだけが、そういう『技術』を体得、習得できるわけで、そういう人間でなければ、やっぱり『一流のプロ』になれないのです。

 

中途半端に手に入れた技術でお客様に向き合ったりすると、『人を美しくして幸せにする。』どころか、『人を不細工にして不幸せににする。』という人間になったりしてしまうわけです。

 

だから、これはどの業界でも言えることだとは思いますが、、、。

 

自分たちを選んでくれたお客様の為にも、自分たちは並々ならぬ努力をして一流になり、期待に応えれる様な『プロ』にならなければいけないわけで、それが所謂、『使命』であり、それが『対価』となっているわけですよね。

 

休みは?

そんなの 無えよ!

 

お給料は?

貰えるだけありがたいと思え!

 

それぐらい、先輩としてはきっちり教えてあげた方が、ある意味『優しさ』なのではないかと思うわけです。

 

 

もちろん、先輩方も、そう言ってのけることができるぐらいまで、仕事に打ち込んでいる後ろ姿をしっかりと見せなければいけないわけでして。

 

若い子に理解を示し、甘やかすような先輩は、『自分にも甘い』っていう奴が多いです。

 

たいしたことない(人を美しく幸せに出来ない)先輩が、甘っちょろい新人さんを自分の世界に引き寄せるために、甘っちょろいことに理解を示し、徒党を組んで、共に堕落して行く。

 

これぞ、不幸の極み。

 

新人さんはそういう世界に引っ張られないように、今抱いている大きな夢を潰されないように気をつけてください。

 

 

まずは、自分の甘さを絶対に見せない事です。

 

甘さを見せた瞬間に、甘っちょろいハイエナの様な人間は寄ってきますし、逆に気高いライオンの様な人間はあなたの元から去って行きます。

 

 

気をつけて!!!

 

 

って事で、新人さんに贈る10か条です。

 

 

一、挨拶は誰よりも元気な声で!

「声の笑顔」を忘れずに、相手を奮い立たせる様なイメージで。それがあなたの一番のアピールになります。

 

 

一、時間は絶対に守れ!

先輩との待ち合わせには最低でも15分前には集合しておけ。良い先輩ほど10分前には集合していたりするもの。(めんどくさいけど。)そういう先輩に認めてもらうためにも時間だけはしっかり守れ。

 

一、理不尽を受け入れろ!

小さな理不尽なんか、世の中には幾らでもある。いちいち正論を並べて戦っても、そう言うのは可愛げがない。多少は目をつぶって、やり過ごせ。全てを許し、受け入れろ。

 

一、親に感謝して甘えるな!

親は無償の愛を持って、あなた達を守る。弱音を吐いたら、叱咤激励してくれる親もいるが、大半は、優しくあなたを受け入れてくれる。ある意味、最も甘い悪しき理解者でもある。感謝は忘れちゃならんが、時には悪魔にもなるから甘えないようにだけ気をつけろ。

 

一、他人と自分を比べるな。

自分がどれだけ幸せなのか?どれだけ不幸なのか?そういう基準を他人と比較して測るな。そいつにはそいつの苦悩があるし、あなたにはあなたの苦悩がある。自分が世界一幸せだと思えば、世界一幸せにになれると言う事を忘れるな。

 

一、自分の時間は無いと思え!

あなたは最高のプロになりたくて、この世界に飛び込んでくるわけだよな。修行の身である人間に、『自分の時間』なんて存在しない。と言うよりも、むしろ、全ての時間が、全てあなたの時間なんですよ。何をしていても、自分の未来の為になる。そういう風に考えて時を過ごせ。下積みの期間なんか、長い人生の中では一瞬だぜ!

 

一、問題を解決できる人間を見極めろ!

一生懸命にやってても、それでもやっぱりやるせない時はある。そんな想いを誰にぶつけるかで、それが『相談』なのか?『愚痴』なのか?大きく変わる。問題を解決してくれる人に話すことで、全てが『相談』になり、しかも解決もしてくれる。その相手を見極めることが出来るようになる事も、成功のカギだ。

 

一、毎日ヘトヘトになるまで働き、遊べ!

自分の限界の一歩手前でいつも落ち着いているやつは、新しい自分を発見できない。部活動でもなんでも、無理をさせられ続けた結果、気がついたら当たり前になって、余裕でやりこなせるようになっていたりする。とにかく、タフになれ。タフでなければ一流にはなれない。

 

一、自分の仕事に真剣に向き合え!

これで生きていくんだと決めた以上、どこまでもその仕事を探求し続けろ。妥協せず、納得せず、いつまでも自分のレベルに『不満足』でい続けろ。そういう姿勢が、お客様やファンを生みだす。

 

一、愛される人間になれ!

誰からも愛される人間になるには、自分の中にある『最高の自分のイメージ』を見失なわない事。そのイメージを鮮明に持ち続けろ、そのイメージ通りに答えを出し、行動しろ。気が付けば、周りからの評価も、イメージ通りで愛される人間になれるはず。

 

どの業界でも、トップにいるような人は、最低でもこれぐらいはクリアしてきてるはず。(天才は別だろうけどね。)

 

だから、これぐらいはこなす覚悟で、社会に飛び込んでこい!

 

ビシビシしごいて、お前の望み通り、人を美しくして幸せに出来る『一流のプロ』にしてやるよ。

 

だから、今の自分から逃げるなよ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

BACK TO TOP