• 教育
  • 2015. 03. 30

新卒の君へ・オーサーテーマ

今月オーサー共通テーマ、

『新卒の君へ』。
素敵なテーマです。

僕がおくれる事を書かさせて頂きます。

 

関わる人に喜んでもらってください

 

これから必要なのは、”人を喜ばせる力”だと思います。

学んでいく知識も、
身に着けていく技術も、

全ては、関わる人に喜んでもらう為。必要とされる為にみにつけていきます。
学生の時に必要とされていたのは、学力の方が多かったかもしれません。
少しでも良い点をとって、テストで上位に行く。

成績が付けられ、テストの点数で能力を判断されます。
しかし、これからは、人間力のほうが必要です。
どれだけ人を喜ばしてきたか?喜んでもらえるか?

ここが見せどころではないでしょうか?

どんなに素晴らし技術を持っていても、たった一つの「気づき」に勝てない時もあります。
気持ちの良いくらいの、輝く挨拶に心打たれるお客様も多いと思います。

僕が1年目の時、「北原君は早くスタイリストになって私の髪を担当してね」というありがたい言葉を頂きました。

これは、他の先輩方よりも技術が優れていたわけではなく、率先して挨拶をしてお客様にご来店の感謝を伝えてきたからだと思っています。

「お会いできてうれしいです!」
「来て頂いてありがとうございます^^」

お会いできることを当たり前と思わずに、一度一度感謝を言葉にして伝えていました。
もちろん、全てのお客様がそこに重点を置いているわけではありません。

中には、話しかけられるのが苦手と感じられるお客様もいます。

しかし、どんな技術よりも、たった一つの挨拶を評価してくれる方がいる事も事実。

技術を求めている人もいれば、空間を求めるお客様もいます。
お客様にとっても先輩にとっても、

「あなたに担当してもらいたい。アシストしてもらいたい。」

という人を目標にするといいかもしれません。

現場で輝いている先輩は、きっと誰よりも人を輝かせ喜ばせている人だと思います。

 

自分事ですが、
来月、自分のサロンが完成します。

多くの人に助言を頂きながらですが、初めての自分の店舗です。技術しか学んでこなかったので正直分からない事ばかりです(汗)

それでも、目標をしっかりと定めていれば、不格好でも進んでいくものです。

最初の3ヵ月は、アシスタントを入れずに自分一人で導線を確認しながらやっていこうと考えています。

様々な企画はしていますが、

初心に帰って、

「こんなサロンにしたい」をしっかりと目標にして、
関わる人に喜んでもらえるサロンであり、人を目指していこうと思っています。

以上が今月のオーサーテーマの投稿です。
ありがとうございました。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ブログ制作ならPOOLMAGAZINE

NEW ENTRY

最新記事のつづきを見る

REVIEW

CATEGORY

POPULAR ENTRY

BACK TO TOP