• 技術
  • 2014. 11. 14

一手間

L1002024-Edit

これはデジタルでフィルム調に処理したものです

コレもライカというカメラを使っています

なのでオートフォーカスは出来ません、オートフォーカスが出来ない上に

二重像一致という曖昧なピント合わせをします。

 

その簡単にピントが合わせれない(ある程度なれでささっと合わせれますが)うえ

絞り優先オートというある程度簡単にとれる設定はありますが

フルオートのシャッター押したら撮れるっていうことが出来ません

絞り優先オートはあるっていったじゃんw

 

その2つの関係で

露出を決め(どれぐらいの明るさで撮ろうかな〜とか)

構図を決めて

ピントをあわせ、シャッターを切る

 

というところに一手間あります

 

その一手間が

 

なにかしら生み出すことがあったります

自己満足の世界かもしれません

 

 

その一手間と言っても

やっぱりデジタル

 

IMG_0035
このカメラはさらに露出計も必要になります

 

iPhoneのアプリでもありますが

 

露出計をつかって露出を計ります

 

 

 

そして出た数値にたいして

 

 

 

オーバーに設定したりアンダーに設定したりします

 

 

 

そこはイメージです

 

フィルムなのでその場ではわかりません

 

 

 

 

 

逆光だったりサイド光だったりで露出も変わります

 

 

 

それもイメージして

 

 

 

絞りとシャッタースピードを決めます

 

 

 

そしてフィルムを装填して

 

ブローニーフィルムという1フィルムで12カットしか撮れません
(24カット撮れるのもありますがマガジンが別の奴がいります)

そして撮りおえたら巻き上げ

 

またフィルムを装填します

 

 

 

マガジンが2つありアシスタントが入ればマガジン交換だけですみますが

 

それも自分でしなければいけません

撮るという事でも一手間も二手間もかかります

 

 

 

 

 

そして撮ったフィルムを

 

現像に出します

 

 

 

35mmフィルムなら1時間程で現像終了しますが

 

ブローニーはどこかに出す為帰ってくるのに3〜5日かかります

 

 

 

そしてそのフィルムをスキャナーで取り込みます

 

 

 

現像1本につき650円

 

フィルム1本550円程かかります

 

 

 

が………

 

 

IMG_0057

 

 

 

 

 

IMG_0039

 

IMG_0038

 

スキャンして出しただけで

 

 

この味があります

 

 

何事にも代え難い

 

 

味です

 

どんな世界でも

 

一手間かける

 

と言う事が凄く大事なことかも知れません

美容の世界でも

 

もちろんなにもしなくても素敵なのがお客様が求める事かもしれないですけど

アイロンやブローをする

 

その一手間が

 

 

デザインをグッと良くする

 

そう言った事を

やっぱり伝えないといけないと思ってます

 

アイロンのデザインがどうこうという話ではなく

 

メイクでもヘアでも

 

楽して素敵

 

 

 

もちろん大事かもですが

 

 

一手間かける事でグッと良くなる

 

 

そしてその気持ちをずっと持っている

 

 

というのが

 

大事な事だと思うし

伝え無ければ行けない事だと思います

 

 

楽になれてしまうと

 

いつか

 

なんでもいい

 

 

になってしまう

 

 

そう思ってます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ブログ制作ならPOOLMAGAZINE

NEW ENTRY

最新記事のつづきを見る

CATEGORY

POPULAR ENTRY

BACK TO TOP