• 教育
  • 2017. 05. 02

とりあえず、一ヶ月間やり遂げた新人達へ☆

BY KANTARO KANTARO

どうも。
LIMの統括ディレクターのカンタロウです。

5月が始まりましたが、今月のカンタロウは怒涛のスケジュールです。

5月1日〜7日までシンガポール。
5月8日の早朝に日本に着いて、会社説明会。
5月9日〜15日まで大阪勤務。
5月16日〜21日までロンドン。
5月22日から27日まで上海セミナー。
5月28日に大阪に戻ってきてサロンワーク。
5月29日からまたシンガポール。

ってことで、5月は一週間しか日本にいませんでしたが、みなさまよろしくお願いします。

ってことで、こういう生活も全て自分が選んで決めた生活。

家族や周りにも迷惑かけてるけど、とりあえずは50歳までは駆け抜けるつもりです!

さて、早速ですが。。

今回も色々と言わせてもらいますよ!

そりゃ、まぁ、スタッフが200人近くにもなればさ、組織の中でもいろんな問題が起こるわけでさ。

10人の組織の20倍。

20人の組織の10倍。

50人の組織の4倍。

単純に計算してもそれぐらいの比率で問題が起こりえるわけよね。

まぁ、仮に20人ぐらいの組織の中だったら、年に1、2回しか起こらない様な大問題が、うちぐらいの規模の組織では毎月、毎月、本当に馬鹿みたいに大問題が起こっちゃうわけなのよね。

まぁ、こうもあんまりにも頻繁に問題が起こるもんだからさ、『アレ??俺達、ちょっとヤバくねえか??』なんて不安になったりもするんだけれどもさ。

まぁ、よくよく考えれば、『いやいや、これでも、まだ従業員比率で考えればマシ方なんじゃねえのかな?』なんて思ったりもするわけよね。

まぁ、しかし、そういった『トラブルの比率』うんぬんを抜きにして、『トラブルの数』で言ってしまえば、やっぱり単純に小さな組織よりも上記の通り、多いいわけだからさ。

それなりに、トップ陣にのっかかって来る『ストレス』みたいなもんも、そりゃ〜、まぁ、大きくなるのよね。

まぁ、とにかく、一つ一つ片付けていくのも、時間もかかるし大変なのよね。

一つの問題を解決して片付け終わる前に、また次の問題がオーバーラップして乗りかかってきたりしてね。。。

本当に、『美容師の仕事』って言うよりも、こう言う『問題解決をする事』が一番の仕事みたいになってくるわけよ。

でもね。。。

『組織が大きくなれば大変な事が多くなる』って言うことだけじゃないって事に、気がつくことも重要だと思うんだよね。

まぁつまり、その分『幸せを感じれる数』ってヤツも同じように多くなるわけよ。

組織の中で起こる色んな『幸せなコト』が、小さな組織に比べたら10倍、20倍もあるんだって事に気がつける様にならないとダメなんだよね。

ただ、怖いのはさ、『不幸』な事の方が『幸せ』な事よりも『大きな存在』として感じてしまいやすいって事でさ。

たった『1つの不幸』で、『100の幸せ』を全てを台無しにしてしまう事もよくある話でさ。

本来であれば、『幸せなコト』の方が貴重なわけだから、『不幸なコト』よりも強いパワーを持っていなきゃいけないわけなんだけどさ。

まぁ、とどのつまり、『どちらのパワーを強く感じて居られるか?』っていうのは、結局のところ、自分の『心の持ち方』に左右されたりするものなんだよね。

『100の不幸』も『1つの幸せ』で吹き飛ばす事が出来るような、そんな『心持ち』で毎日を楽しく日々を過ごすことができれば、きっと『幸せ』を感じ続けながら毎日を過ごすことができる様になると思うんだよね。

周りの環境はどうであれ、自分自身が『不幸』だと思ってる奴は、やっぱりどこまでも『不幸』だし、自分自身を『幸せ』だと思ってる奴はやっぱりどこまでも『幸せ』なんだよ。

さて、あんたは、どっちの『生き方』で居たいのよ??

嫌な先輩や尊敬できない先輩が、一人や二人いたってなんてコト無いじゃん。

尊敬できる先輩が一人でもいることって、やっぱり幸せなんだよな。

世の中、一般的に見渡したら、尊敬できる人と一緒の職場で働くことなんかできている人なんか少ないし、そういった職場で働けている事だけでも『幸せ』だと感じられないと、、、、。

ねぇ。。。。

たった少数の人に自分の夢を潰されるのも、なんか勿体無いよな。。。。

そんな奴らは放っといて、自分自身がぶっちぎりで幸せオーラを出して働いてれば、1年後、2年後には、そう言う仲間が自分の周りにも集まって付いてくるってもんよ。

誰かに振舞わされるんじゃなくて、誰かを引きつけて行けるぐらいの存在になる。

まぁ、不幸のパワーに押しつぶされない様に、自分をしっかり持っとけって話よ。

因みに、俺は『憧れの先輩』なんか必要ないぐらい、自分の中に『理想の自分像』があったけどな。

もっとイメージしろ。

どれだけ理想に近い人を探しても、自分が最高だと思える自分は、自分の中にしか居ないぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ブログ制作ならPOOLMAGAZINE

NEW ENTRY

最新記事のつづきを見る

CATEGORY

POPULAR ENTRY

BACK TO TOP