• コラム
  • 2016. 12. 13

日々、こんな感じで生きてる☆

BY KANTARO KANTARO

ども。
LIM統括ディレクターのカンタロウです。
遂に年末感が出てきましたね〜〜!

カンタロウは後もう一回だけシンガポールに行ったら、あとは大阪でサロンワークをするだけです。

今年はマジで動き回ったなー。。。



さてさて、なんで?なんのために?カンタロウはこうやって飛び回りながら働いているのか?



自分でも、ちょっと整理してみたくなったんで、つらつらと日々考えている事を書いてみました。

お時間あるときにでも、ぜひ☆




日々。




『同じ事を繰り返えし反復する』ということの大切さは、もの凄くわかっているつもりだけど、本当に重要な本質は『繰り返すこと』そのものではなくて、その『反復によって成長すること』だと思う。

前回と同じようなことをやっても、良い意味で前回とはどこかちょっと違う。

そんな感覚が大切。

つまりは、少しでも『成長した!』と感じれるような『変化(進化/成長)』が無ければ、『繰り返し反復すること』には、何の意味もないような気がする。


『ただの時間の無駄』と言っても過言ではない。



毎日、毎日、同じような日々の繰り返しの中でもそれは同じで、昨日の自分よりも『少しだけ成長した。』と感じられる様な毎日を送れる自分で居ること。

そう思いながら生活していれば、きっと長い先の未来には、今の自分とは全く違う『レベルの高い自分』がいるであろうと、イメージできる。

子供の頃に算数の授業で使った『分度器』で表現すれば、『たった1度』の角度でも良いから、右肩上がりに上昇して行ける角度を保っていくこと。



それが最も重要だと思う。

角度を保ち続けること。





それはつまり、一般的には『継続』と言う言葉で表現され、『続けることの大切さ』も、ここに来てものすごく思い知らされている。

同じことを繰り返しているように見えても、実は少しずつ変化(進化/成長)していて、その運動を止めることなく、『継続し続ける』こと。


なりたい自分になるには、これしかない。



明るい未来を切り開くには、これしかない。



一気に逆転して、一気にチャンスを手に入れようとか、一気にジャンプして到達しようなんてやっても、そうやって手に入れたボジションというものは一瞬で崩れ去るものだ。



土台というものが無いから、脆く崩れやすい。

パッと現れて、パッと消える。

そんな人達を俺は沢山見てきたし、君たちも散々見てきたんじゃないかな?

『そう言えば、あの人、最近見なくなったな。。。』

なんて人は幾らでもいる。

まぁ、そういうタイプは5年ぐらいで、勢いが消える。

そして、成長する角度を保ち、継続ができるようになって来たら、出来るだけ『なりたい自分』と言う『自分のイメージ』を鮮明に持つことも大切だ。

喋り方、身のこなし、空気感、考え方、答えの出し方。



そう言った未来の自分のイメージをしっかりと描く大切さも忘れてはいけない。



よく、『憧れの先輩がいない。』と言う若い子がいるけど、俺に言わせれば、そんな存在は必要ない。
自分で自分のイメージが出来れば十分だと思う。

そもそも、『憧れの先輩がいないから路頭に迷ってる』っていう、そんな自分で良いのか?って所から始まってる気もするしな。





そして最後に『環境』っていうものが凄く重要だ。

これももちろん『環境』ってやつも、自分で作っていかなくちゃいけないものなんだけど、コレばっかりは、やっぱりどうしようもない範疇である事も多い。
重要なのは、自分が成長できそうな環境を探し出す『選美目』みたいなセンスだと思う。


ちなみに、その良い環境とは、『常に挑戦を続けること大切さ』を体現している環境だ。




俺自身は繰り返しの反復がとても苦手なタチだから、この『挑戦』によって、自分を成長させることにしている。

ここで言う『挑戦』とは、具体的に言うと『新しい取り組み』のことを指す。



つまり、カンタロウは常に『新しいことへの取り組み』を繰り返し反復しているのである。

『なんだ、カンタロウも反復できてるじゃん!』
と言われると、それはそうかも知れないけれども、実際に行っている取り組みは全く違うわけで、実質的には繰り返しの反復はそこにはない。

新しいことへの挑戦は、常に新しい自分を発見する機会にもなるし、『自分の知らない自分』に巡り合わせてくれたりもする。

あ、そしてあと、『スパイス的な要素』として、少しばかりの『不安とプレッシャー』も重要だ。

新しい取り組みに対して、『安心感』はそんなに必要ない。
『安心感』は意外と怖いもので、時にスキを作り、堕落したり、つまずいたりするキッカケにもなりかねる。

少しばかり不安定な心境の方が、そこから脱出しようとする意欲を掻き立ててくれるし、その不安を解消する為のアイデアや工夫を生み出してくれたりする。


今は、そんな不安やプレッシャーやリスクを少しでも感じると、途端に『危険』だと判断し、全く動かない奴らも多くなったように感じる。


『全く動かない』と言う事による『リスク』や『危険』の方を全く見ていない奴らである。

俺は変わらない自分が怖い。




5年前、3年前、いや、1年前と同じような事をしている自分にふと出会ってしまうと、どうしようもない『危機感』を感じてしまうのだ。

なので、常に新しいことに取り組もうとする。

これらの要素の混合により、人は成長し、高い世界へ登っていく。
それが快感でもあり、また性でもあったりするわけだ。

何も難しい事をしているわけではない。




ただただ、成長することの喜びを得るため。


人生を豊かなものにするために、戦っているだけなのである。







あなたは今年、何か新しい事を始めたか??

そして、それを継続し続けているか?

結局、毎年、年末になったらそんな事を考えてる。。。

さて、来年は何しようかな???


P.S.

写真と本文には全く何も関連性はありません。。。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

BACK TO TOP