• 経営
  • 2015. 01. 26

去るもの追わず 来るもの拒まず!?

今月のオーサーテーマ
【独立】

僕が独立したのは
13年前の事でした。

理容室に6年勤め 店長も経験し
美容師になろうと一念発起して

理容の良さを理解してくれるサロンに
入りたくて
ここしかないと履歴書を送り
見事に面接もして貰えずに撃沈

諦めきれない思いとは裏腹に
お金が底をついて
実家に帰ろうとして
挨拶に回り その時 今がチャンスだから
海外に行きなさいとお世話になった先生から
助言頂いて なるほどと

ただ資金が無いので
取り敢えず 大阪に帰り 給料が一番高い
床屋さんで3ヶ月働いて
そのお金持ってロンドンへ

バイトしながら学校行って
過ぎ去る日々に
自分の仕事も言葉も何にも
通用しない事を痛感して
懲りずにまたロンドンから履歴書送り

一年後に 希望サロンに無事採用

その時26歳 アシスタントで
シャンプーからやり直し

なんとかメンズの試験だけ受かり
ひたすら刈り上げ

いつの間にか紹介で
女性客も増えて 気づけばスタイリスト

三年間は正月以外は休みなしで
とにかくサロンか撮影のアシスタントか
モデルハントか 美容師以外の事は一切考えず
ひたすら 上を目指し

当然売り上げも
トップなったり 立場も最速で幹部になり
ヘアーショーのディレクション
本の制作に携わったり

気づけば すんごい輝ける位置にいた

独立なんて…
一生このサロンにいて
一生 師匠について行こうと思ってた❗️

が なんと
ある日 燃え尽きた(笑)
きっかけなんて忘れるほど些細なこと

いつまで全力で走るんだろ?

その時はじめて
当時チンタラやってると
眼中になかったぶら下がりスタッフの
気持ちに気づけた❗️

頑張って無いわけじゃなく
頑張ってるけど
光が当たらないだけなんだと…

みんな仲間なんだと

その後
自分の中で 体制批判と改革しか
思い浮かばなくなり
ぶつかり‼️ぶつかりしてるうちに

何とかするぞ
自分でやってやる に変わった

そこから13年

どうなんだろう❓
未だ答えは見つからず

正解や成功は
何を持って言っているのか
僕は 未だ 理解出来ない

独立って
きっと
自立なんだと思う

はじめて
心から感謝の気持ちになれるチャンス

お金で買えない大切な事に
気づくんだと感じる
たとえ批判して否定して
飛びだしても

間違いなく 学んだことは 財産でしかない

自分でやってみればわかる
一年で起こる問題 二年 三年…五年 …七年
どんどん過去がフラッシュバックする
あーあの時 そういう事だったんだと…

もともといたサロンの良いコンテンツは
真似て悪い所は改善する
絶対 良くなる…

そんな甘いもんじゃ無い
何故なら自分の立場は違うから
周りにいる人も環境も

人が増えれば増えるほど 沢山の考えがあり
まとめる為のルール 管理がはじまる

なんだか窮屈になる

測る物差しは 数字…。

僕が 独立する時
共同経営でやりますって
先輩に挨拶しにいったら

弱虫だねって言われた

自分が思ってる 新しいスタイルを
否定された気がして ムカついた

でも今は思う 弱虫だったな〜って^^;

その反面
お陰で沢山経験出来た
三人で経営したからこその感情や出来事

結局 まだまだ 旅の途中 …試行錯誤ですょ

これからも
沢山
独立する人が いるだろう

僕の中で成功や正解が
無いので どんどん
チャレンジすればいいと思う

結局自分が決めるしかない

ただ 否定や反抗ではなく
感謝の気持ちで旅立てたなら

きっと何よりも心強い
凄まじい経験のある先人が
自分の味方につくことになる

逆は …。 僕と同じ轍を踏む(笑)

もし
今 手っ取り早く お金だけを考えるなら
その先に来る
お金で買えないものは
手に入らない気がする。

お金は価値基準なだけ
勿論 わかりやすく
正当評価なのは間違いない…。

何を自分の価値とするのか?
何を自分の財産とするのか?

一番大切なのは
自分自身からの独立なのかも…。

第2章
独立の選択肢に続く

1F0A1794.jpg

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ブログ制作ならPOOLMAGAZINE

NEW ENTRY

最新記事のつづきを見る

CATEGORY

POPULAR ENTRY

BACK TO TOP