• コラム
  • 2016. 03. 19

上海進出を計画中☆

BY KANTARO KANTARO

どうも。

LIM統括ディレクターのカンタロウです。

只今、常夏の国『シンガポール』に来ておりますが、なんだか風邪を引いているようで、ちょっとだけしんどいです。。。。笑

まぁ、少し『おっさん化』してきてるところもあると思いますので、少しばかり、身体の異変には敏感になっておかなければと思っております。

さて、早速ですが。。。。


中国進出!!!


狙ってますよ〜!!!
取り敢えず、初めは上海から!!!
今年も年明け早々から上海に行って会社を作ったり、物件を探したり、いろいろと動いて来ましたが、いよいよ、本格的に動き出すタイミングに来たかと思います!!!

そこで、先ずは一番大切なのは人材です。


LIMぐらい大きければ、人材なんかに困らないだろう?

っと、思われるかもしれませんが、ところがどっこい、これが違うんですね。。。。

LIMのスタッフ達は、ある意味、LIMという場所に入って、そこで活躍することが夢となって入社している人間が殆どですから。。。。

『いざ!海外でどう????』

って聞いても、今の現状こそが理想の状況だったりするもので、中々、その現状を手放すというスタッフがいないのです。

まぁ、『離職率が低い!』と思ってもらえればそれはそれで嬉しいんですが。。。。



『海外でチャレンジしたい!』という美容師の動機の中にはたくさんの種類がありますが、大きく分類すると、この2種類です。



・『そもそも、海外で働く事に興味がある。』


・『今の日本での活動に限界を感じている。』





この二つです。



そしてこの二つの思いがどちらも重なった時、その本人が本気で重い腰をあげるときなんだろうなと思っています。

カリスマ美容師ブームの乗った『カリスマチルドレン(勝手に名前付けた。。。)』達が、今、35歳前後を迎え、「さあ、俺はこれからどうするべきか?」と悩んでいる光景を目にします。

また、血気盛んな20代の若者達も、インータネットなどの普及により、海外を身近な場所として捉えることができるようになり、海外で働くことを夢見ている人が急増しています。

  

しかし、一旦、海外に出てしまうと、それから先の未来が大変になります。
例えば、25歳で海外に進出して、それから5年後はどうなるのか?

日本に帰ってくるのか???

海外で独立するのか?

などなど、、、、。

特に男性の場合は色々と悩むことが多くなってしまうと思われます。

しかし、『そんなことは100も承知よ!』と言う、元気な愛すべきバカ野郎もいっぱいいます!



『世界で思いっきり売れてやるぜ!!』


今回の計画では、そんな意気込みで、気合の入ったバカ野郎を何人か集めて、中国は上海で、一発ぶちかましてやろうかと思っています。

沢山のカリスマサロンが上海に進出し、失敗をしている上海で、『LIMは絶対に成功させてやるぜ!』と考えています!!!

先ずは、マネージャーとして、何人かのスタッフをまとめてくれそうな、気合の入った人材です。

出来れば男性を希望していますが、気合があるなら女子でもいいです。



スタイリスト経験が5年以上あり、体力とメンタルに自信があり、でもなんかチャンスが欲しくてモヤモヤしてるバカ野郎を募集中です。



カンタロウと常に連絡を取りながら、様々な問題をクリアしていってほしいです。

   

 

海外での立ち上げは、シンガポールとロンドンで経験済みですが、中国では、きっと一癖も二癖もあると思いますので、本当に気合が必要だとおもいます。
『我こそは!!!』

『俺を連れて行ってくれ!!』
っていうバカ野郎は、是非ともカンタロウ宛にご一報ください。

そして、スタイリストも2名ほど採用しようかと考えています。

現地の方も含めて、トータルで5名ほどの日本人サロンを上海に作り、その後、中国全土へと広めていく計画でございます!

良いですか???



中国全土ですよ!!!



LIMはアジアのビダルサスーンを目指しています。
日本からもほんの何時間でいけますし、言うてもアジア人です。
実力があれば、きっと明るい未来が開けます。

LIM理念でもある

『人を美しくすることが出来る人を作り、世界を変える!』



この理念に共感できれば、取り敢えずは、一次試験は合格です!


この理念の実行部隊。
中国全土への切り込み隊長を探してますので、どうかよろしくお願いします!!




いっぱいいるやろ。。。



悶々してる、熱い奴ら!!!


俺がすげ〜未来を見せてやるから、話だけでもここに来いや!!!
  

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ブログ制作ならPOOLMAGAZINE

NEW ENTRY

最新記事のつづきを見る

CATEGORY

POPULAR ENTRY

BACK TO TOP