• 集客
  • 2014. 10. 01

きっかけ

きっかけ

今回は
お題がクーポン等の集客について

記憶にある感じだと
自分が独立した頃は

某大手クーポン誌は
もっとペラペラで

表紙に芸能人なんてとんでも無く
営業さんが必死に
美容室さんを紹介して下さいって
言ってた気がする。

うちも
独立して間もなくて
新規獲得の糸口にと

担当さんとどうしたら
効果が上がるか
一緒に研究してました。

その頃は
知名度のあるサロンさんは
多分 そんなところに頼らずとも
とか

恥ずかしいすら
思ってたんじゃないかな?

あるタイミングから
えっ このサロンが‼️って
びっくりする所が
割と値引きせずに
お洒落な広告風に入り

他とは一線を課す感じで
掲載するようになった
覚えがあります

その後
高級な系列誌を作り
限定された地域のサロンだけが
掲載できるとか⁇も出来て
今もあるのかな?

今は
限定サロンさんも
新規獲得の為に クーポン誌には
掲載していて
かなり集客しているはず

今はネットがメインだよな…。

良し悪しは
下げ止まらない価格に乗っかり

何処かの飲食店のように
割と美味しいのに
安くてなんぼ‼️
みたいな
値下げのスパイラルに入ると

美容室も同じく
スタッフは疲弊して
プライドも
モチベーションも下がるのかな?

まぁその人の時期と
タイミングによるとは
思いますが?

安かろうが何だろうが
他人のアシスタントするくらいなら
毎日沢山カットして
上手く成りたい
って思う数の時期もあるし

そんなにガツガツやらずに
ゆっくり働きたい
時期も
ひとに
よってはあるだろうから

経営サイドの都合と
働く側の気持ちの一致がないと
チグハグになり
結局 失客していて
評判も悪くなるから悪循環する

いつ何を誰に 何の目的で
自分達は何故 売りたいのか❓

美容師の大切にしたいこだわり
それが 経営する側ってなっても
ちゃんとブランドのこだわりを
メッセージ出来続けるか

しるし

がちゃんと
つけられているのか?

お客様は技術を含めた
ひとりひとりの美容師さんの思いに
この先もこの人にお願いしたいな
って 感じるんだと思う

高いなら 上手くて 感動して
当たり前‼️

安くても 上手くて感動出来たら
ラッキー‼️お得

結局 何を目指して何をやるのか

掲載しようと決定したひとが
しっかり意味や目標があって
決断するかで
価値なのか価格なのかを
決めるのかな〜 なんて思います。

うまく 繁栄の
きっかけ
になると信じて

多分
無くなることが
良い訳でもないだろうし

そのお金をもっと違うアイディアに
使えたらな〜〜〜なんて
やれる人は既にやりはじめてますね

模索しながら
また 次も ハンコ押すだろうな…>_<

長い>_<

IMG_8630.JPG

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ブログ制作ならPOOLMAGAZINE

NEW ENTRY

最新記事のつづきを見る

CATEGORY

POPULAR ENTRY

BACK TO TOP