• コラム
  • 2016. 03. 16

娘の愛蘭の話☆

BY KANTARO KANTARO

どうも。

LIM統括ディレクターのカンタロウです。

今回はちょっと、カンタロウの自慢の娘の話をさせていただきたいと思います。

親バカだと思いますが、自慢の娘なので紹介させて頂きます。

鈴木 愛蘭 (Airan Suzuki)

2000年4月1日生まれ。

満15歳。高校1年生。

血液型   A型
  

愛蘭は小学校4年生になったタイミングから、中学3年生の夏までの間の、約6年間を『シンガポール』で過ごた。

   

はじめは全く英語もできなかったのに、強引にインターナショナルスクールへと放り込んだ。。。。

 

もちろん、カンタロウの家族であるから、一般的な家族とは違い、一年を通じて、父親であるカンタロウと顔を合わすことも殆ど無い。

カンタロウが家に帰れば、愛蘭は既に寝ているし、カンタロウが朝起きたら愛蘭は既に登校しており、家にはいない。

たまにあるカンタロウのお休みも月曜日になるので、休みだからと言っても、結局、愛蘭は学校に行っているやめ、会うことはない。

そんな関係の中でも、父親として伝えるべき重要なことは伝えながら、なんとかかんとか、程よい親子関係を育んできた。
そして、すくすくと素直に真っ直ぐに育っていった愛蘭。
いつの頃からか定かではないが、気がついたら『絵を描くこと』が好きな女の子になっていて、気がついたらアートスクールに通っていて、気がついたらめちゃんこ絵が上手になっていた。。。
   

  中学生のときのドローイング。

  
  
これは中2ぐらいの頃かなー???

  
    
不思議な絵を描いてる時代もありました。
    
  

ちょっとグロいのも。。。
  
    
    
  

これはまだ小6ぐらいの時かな??

  
    
    
日本に帰ってきて中学校にも一瞬だけ行って。。

    
日本に帰ってきて、さらに画風が変わって。。。
    
    
  

この中央に赤ちゃんが描かれた鮮やかな絵は、とあるコンクールで『大阪市教育委員会賞』を受賞した。

  
『梅佳代さん』をリスペクトしてる模様。。

  

親父の刺青の影響か???
  
  
家族集まったらこんな感じ。。

  

この絵は、『読書感想画コンクール』にて、優秀賞を受賞した。
  

  
 
まだまだ、画風がどんどんと変わっていっています。
日本に帰ってきて、高校に行きだしてからも、さらに一層、絵に没頭するようになった。
将来の夢は画家である。
イラストや絵を描いて生計を立てて生きていきたいらしい。
  

今度、嫁のワイさんが『ワックス脱毛サロン』を始めるので、それに際して描いた、愛蘭のイラスト。

という事で、良かったら、仕事ください。笑

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ブログ制作ならPOOLMAGAZINE

NEW ENTRY

最新記事のつづきを見る

REVIEW

CATEGORY

POPULAR ENTRY

BACK TO TOP