• 集客
  • 2014. 09. 29

過度な割引クーポンは麻薬。

付録のついていない雑誌をあまり見かけなくなったのですが、

何かの記事で『雑誌の付録は麻薬』というのを読んだ時があります。

雑誌 付録 で検索すると、こういうのが出てきました

 

http://kikra.ldblog.jp/

 

確かに付加価値としては、いいと思うのですが、売れなくなると付録をどんどんいいものに変えていく。

 

これって美容室における割引クーポンと似ていると思うのです。

【美容室はサービスを体験するもの】なので、実際店頭で確かめるといったことが出来ません。

だからこそ

割引は初めましてのお客様に対しては、【お試し価格】という位置づけなのかなと僕は考えています。

 

しかしながら過度な割引は上記に示したとおり、【麻薬】にほかならないのではないか?

新規のお客様が来なくなると、さらに強い割引を行い、顧客様に目が向かず、失客しさらに新規向けクーポンを発行する。

 

一時的な快楽を得るために、大事な何かを犠牲にしているという部分では、まじで脱法〇〇的な部分と、完全に一致しているように思いますね。

 

値決めは経営であるという言葉があります。

 

プライシングは経営における部分でとても重要な位置を占めます。

料金を決めることにより、どういったお客様に来て欲しいのか?と言うサロンの根幹になる

 

【誰に向けたサービスなのか】を明確にするからです。

 

果たして、来て欲しいお客様に向けての料金設定になっているのか?

今の料金設定で来ていただけていないのであれば、料金ではなくサービスの内容を見直す。

 

という部分が大事なのではないかなと思います。

 

最近ではカットモデルマッチングアプリなどでも

IMG_0842.PNG

IMG_0841.PNG

 

と、モデルさんを募集するのではなく、割引による集客を行っていたりと、

アプリの意図に反する使い方などは以前木村さんが言及されていたように思いますが…

元は素晴らしいマインドの元作られているサービスも使いようによってはこんなふうになってしまうのはなにか物淋しく思います。

 

僕が所属しているJAPANでは、次回予約の方には10%OFFや、ポイントサービス

 

ROULANDでは、トリートメントをされた方で商品を購入される方には、10%オフなど

 

誰にでもではなく、【実際に必要な方】に【いつまでも美しくいて欲しい】とう想いのもとサービスを行っています。

 

サロンのコアバリューをしっかり確立し、料金より高い価値を感じていただけるように、努力していく姿勢というものをお客様に感じていただき、

 

目の前のお客様に喜んで頂くということが一番の集客ということを忘れないで邁進していきたいと思っています。

 

美容の価値を上げるのも、下げるのも現場の僕達、という意識を忘れたくないものですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ブログ制作ならPOOLMAGAZINE

NEW ENTRY

最新記事のつづきを見る

CATEGORY

POPULAR ENTRY

BACK TO TOP