• 集客
  • 2015. 11. 07

カットモデルはモデルではなく未来顧客だ

アシスタントからスタイリストになる為に欠かせ無い人々それはカットモデルさん

習いたての技術を習得する為や、よりレベルの高い事ができるようになる為に欠かす事のでき無いこのモデルさん達は

実はモデルさんでは無いんです

  

アシスタントから良く聞くキーワードの一つに

「モデルさんだから・・・」という事がありますが
こう考えているうちはうまくなっていかないんでは無いかと思います

このモデルさん達を通して本当のお客様と言うものを学んでいかなくてはいけないと思うからです

その為にはモデルさんという概念を捨ててお客様として接する事が不可欠で

モデルさんだから「待たせても大丈夫」「時間がかかっても大丈夫」「失敗しても大丈夫」なんて事は無いんです





友達などをモデルさんとして呼ぶアシスタントは少なくありませんがその場合のほとんどが意味がない事が多くなって来ると思います
なぜなら色々な部分で甘えが出てしまうし、モデルさんの方のジャッジだって甘いモノになりがちだからです
結果、次に繋がるか繋がら無いかの緊張感がまるでない遊びの延長みたいなレッスンになってしまう事もしばしばです




友達がダメってわけではありませんがしっかりと目標を設定して取り組んだり、料金を頂いたりして緊張感を持った時間にして無駄にしないような仕掛けがいるんだと思います
1番いいのはプライベートでは付き合いのないモデルさんですね


「嫌だったら次からは来ない」可能性が高いからしっかりと緊張感を持って対応できるからです

そしてモデルさんでレッスンを行う際には何よりも
「このモデルさん」が「自分の将来のお客様」になってくれる可能性を秘めた方だという事を忘れないで欲しい


そうかんがえると

「待たせてはダメ」「時間のかかり過ぎはダメ」「失敗なんて許されない」になるのでは無いでしょうか
そして

スタイリストデビューの時には多くのモデルさんがお客さんになってくれるように

未来のお客さんを大事にしていこう!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ブログ制作ならPOOLMAGAZINE

NEW ENTRY

最新記事のつづきを見る

REVIEW

CATEGORY

POPULAR ENTRY

BACK TO TOP