• コラム
  • 2015. 10. 30

勝手に死にかけて、、、、。そして生まれ変わったぜ☆

BY KANTARO KANTARO

どうも。

LIMの統括ディレクターのカンタロウです。

前回の日記にも書きましたように、4月の頭に『LIM大阪☆新人歓迎リレー大会』での転倒により、左手首を骨折したカンタロウ。

手術によって、金属プレートを骨にはめ込んでから、早くも半年が過ぎましたので、この度、晴れて金属プレートの摘出手術を受けて参りました。

カンタロウのFacebookの投稿を『断片的』にご覧になられてる皆様からは、


『カンタロウの奴、ついに身体でも壊して入院したのか?!』




などと、多大なる御心配をおかけいたしましたが、本当は何てことはありません。。。

ただの、『復帰手術』なのでした。。。
という事で、、、、。
まずは、 、、、。

 

手術の前日から入院をいたしまして、採血やら心電図、血圧など、いろいろな検査を受けます。

(刺青のせいで血管が見えなかったようです。。。秋山さん、ありがとうございました。)



そして、夕方から『絶食タイム』に入りまして、あっという間に消灯です。

  

なんだか不安で寂しい気分になります。。。

翌朝、ちょっと恥ずかしい手術着(背中の開いたミニワンピース風)に着替えさせられまして、
   

朝の9:00から早速、手術開始です!

左腕の二の腕のところをゴムチューブのようなものでギッチギチに締めつけられまして、血の流れを止めます。

そして、手の甲から『点滴』による麻酔薬を注入していきます。

左腕全体が痺れてきましたら、いよいよ切開開始でございます。

まぁ、手術中は完全に麻酔薬が効いていますので、痛くも痒くも無いんですが。。。

なんせ『局部麻酔』ですので、意識だけはハッキリしておりまして、執刀医とも話をしながら手術が進んでいきます。

金属プレートの摘出が終わり、あとは縫合だけという段階になりましたら、左腕の二の腕を締め付けていたゴムチューブが外されます。 
ゴムチューブによって、止められていた血流が一気に左腕に流れ込み、そしてそれと同時に、そこに溜まっていた麻酔薬も全身に流れ込んでいきます。

ここで、ごく稀に、ごく稀にらしいですが、、、、。

この麻酔薬による『ショック症状』を起こす患者さんが、たま〜にいるようで、看護師さんからも、




『ご気分どうですか〜?気分が悪くなったりしていませんか〜?』


などと、何度も何度も容態を確認されます。



まぁ、身体の変化も何も無かったカンタロウは余裕の表情で、


『オッケ〜〜〜!』

なんておどけてみせていたんですけどね。。。。

ちょっとしたら、何だか呼吸が苦しくなってきましてね。。。。。。

『先生。。。。。なんだか喉がちょっと変かも。。。』

そう言ったのも束の間、今度は下顎がカクカクと痙攣を始めまして、、、、、。

『先生。。。。何故か顎が痙攣してるよ。。。』

血圧や心拍数を示す機器が目の前にありますので、自分の身体の異変も一目瞭然です。
120ぐらいだった血圧が、140、150、160、165とどんどんと上がっていきます。

70ぐらいだった心拍数も、80、90、10、120、130と、横になっているだけにも関わらず、どんどんとお祭り調子で上がっていきます!

そして遂に、『全身の痙攣』が始まりまして。。。

そんなカンタロウの容態に、執刀医の先生も、ちょっと慌てた様子を見せはじめまして、

『ちょっ、麻酔の先生を呼んできて〜!』



ってな感じで、あっとい間に『死に際モードの空気感』に突入したのでした。。。

麻酔の先生は、


『大丈夫ですよ〜。心配無いですからね〜。たまにあるんですよ〜。』

なんて『気休め』を言ってきますが、はっきり言って、こんな状況ではそんな言葉は全く信じられません。。。

それで、それから今度は一気に眠気が襲ってきまして、その時に初めて、『死』というものを、完全に意識しました。

『麻酔先生、もしヤバいんだったら、本当のこと教えてください。。。色々と最期に伝えておきたいこともいっぱいありますもので。。。』

と伝えたら、先生は、

『君、大袈裟だよ。大丈夫ですよ。』



っと笑い飛ばされました。。。

しかし、自分の身体がそんな状態になったことが無いカンタロウですから、やっぱりそれでも信じられなかったですね。。。

『あー、こんなに簡単に、もう俺の人生は終わるんだな〜〜。。。』

って。。。。。

まぁ、結果的には、これらのすべては完全に『カンタロウの一人っきりの空騒ぎ』だったわけでして、、、。
まぁ、今もこうやって元気に面白おかしく、少し話も盛りながら、ブログを書いてる次第なわけですよ。。。

  

でもね、、、、。

今考えると、あの『勝手に死にかけた』あの時、不思議と焦ったり、もがいたり、恐怖を感じたり、全くしなかったですね。。。。

なんか、『死を受け入れていた。』って言うんですかね???

『まぁ、しゃーないな。。。伝えたいことだけ、伝えておきたいな。』

って言うぐらいの感覚でした。
それでね。。。。
思うんですけどね。

『きっと俺は、これまでの人生に納得していて、幸せを感じてるんだなー。』
って、『自覚』と『確信』をしたんですよね。

なんか『ひと皮向けた感じ』がしましてね。

只今、生まれ変わったような気分でございます。

そんな『勝手に感じた死に際』で、『伝えたかった内容』はさておき、カンタロウが『最期に色々と伝えておきたかった相手』とというのを、ランキングで発表します。


1位、嫁のワイさん

  

2位、子供の愛蘭(アイラン)と俐皇明(リコウメイ)

  
  

3位、鈴木家の家族

  

4、LIMの社長の西村をはじめ、全スタッフ
の4つだけでした。
他にも誰かいないかな〜っていろいろ思いを馳せ巡らせてはみたんですが。。。。
残るは懺悔の言葉ばかりでした。。。

本当に大切なものって、意外とこれぐらいしか無いんですね。
まぁ、しかし、勝手な死に際でしたが、そんな経験をしたことで、

もっともっと、自由に生きてやろ!!

って、本気でそう思えるようになりました。

まぁ、今でもそれなりに自由にやってますので、

お前、どんだけ自由にやるつもりやねん。。。



って突っ込まれそうですけどね、、、。

  

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ブログ制作ならPOOLMAGAZINE

NEW ENTRY

最新記事のつづきを見る

CATEGORY

POPULAR ENTRY

BACK TO TOP