• 集客
  • 2014. 09. 29

きっかけ作り

お題であるクーポンや割引について思う事
いやこれかなり難しいないようですねぇ・・・

自分の中でもあまりはっきりと見えてはないので

あくまで会社ではなく個人の見解になりますが・・・

自分の立ち位置からの見方とお客さんの立ち位置からの見え方をよく知る事から始めて

どの方向に向かって行きたいのかを明確にする事が割引するにしても大切なのかと思います

*お店側からすると

・来店してもらう為のきっかけ
・体験してもらう為のきっかけ
・紹介してもらう為のきっかけ
である事がほとんどだと思います

*新規のお客様の側からすると

・同じ物ならなるべく安く
・お店を探す為のきっかけ
こんな感じではないかな?と思います。

ん〜要はネットや雑誌などの

文字だけで気持ちを動かすきっかけ

となるのがクーポンや割引の仕事なんではないでしょうか

いいとか悪いとかは分からないですが

元が取れてしまうような割引ならする意味が無いような気がします

目立ってなんぼなら売り上げ無視して作ってしまえばいい

お客さんが心配になるぐらいのもの作ったらいい

変に売り上げ意識したものしかないから目立たないのでは?

中途半端に色々クーポン作るよりはどれかを目玉にビックリクーポン作った方がインパクトがあるじゃない?

そんな気しませんか?

顧客から見たサロンイメージの事を意識される方も多いですがそこはイベントなんでって事で割り切ってしまえばいいのではないでしょうか?

どんなブランドだってファミリーセールぐらいはやるでしょうし、それによってブランドイメージが低下するなんてことも無い

あくまで足立個人の見解ですが笑

メリハリのない割引がブランドイメージを低下させるかもしれませんが

パンチの効いた割引ならイメージアップにつながる可能性があるんではないか

みたいな事は常々考えてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ブログ制作ならPOOLMAGAZINE

NEW ENTRY

最新記事のつづきを見る

CATEGORY

POPULAR ENTRY

BACK TO TOP