• コラム
  • 2015. 09. 07

paris collection vol.2

paris collection vol.1はコチラ

〜パリコレ本番前〜

慌ただしくなる舞台裏にて、今回大活躍だったのは。
老舗ブランド「OPI」のマットトップコート。
ネイルブランドで、一般の方に周知され
速乾、そしてMostCool!!
モデルさんにも大好評で
その質感に、興味津々でございました。
続々楽屋入りするモデルさんたち。
世界の第一線で活躍するモデルさんは
圧巻のオーラ。
o0480064413358595529
そしていよいよ施術。
狭い楽屋の中。
ドライヤーの熱風吹き荒れる地下。
ヘアメイクさんたちの熱気に負けずと
震える手を抑えて、モデルさんにネイルをしました。
本気で手が震えて、、自分が緊張していることがよくわかりました。
無題

最初の方は、緊張で会話する余裕なしでしたが。

後半は、エンジンもかかり「最高」のひとときに!!

無題1

途中、もはや椅子に座っている余裕もなく。

しゃがみこんでネイル(笑)

o0480064413358594702

こんなことも、いつもだったら考えられない。

サロンでは、空気のように当然に椅子があって

90センチ近い自分のテーブルがある。

ネイリストは誰にも許可なく座れるし、エアコンだってついている。

なのに私たちは、

それでも狭い、それでもやりにくい、これがないあれがないと嘆いたり。

 

ネイルイベントでのデモンストレーションでは、誰よりも高い位置にいて

たくさんのネイリストさんを見下ろしながら、チップで施術。

それって、サロンワークと言えるのか。

 

イベントになったとたん、

どうして、チップを使いデモンストレーションを行うのだろう。

このバックステージのように臨機応変に動けるために

わたしは絶対、人の手でデモをやりたいと思う。

リアルと呼んでもらえるよう「人の手」で、実践したい。

 

そしてデモでは、2台近い自分のテーブルを用意してもらえる。

だけどそれでもまだまだ狭いと嘆いたり、あれして欲しいこれが足りないと、求めてばかり。

 

…いかに日々の自分が贅沢だったか

そして、その環境がありがたいかを実感しました。

 

そして衣装に身を包み、本番にのぞむモデルさん達は

全然別人でした。

 

ヘアメイク・ネイルが完成し、お洋服を着るまでは普通の10代。

だけどSHOWに挑むその姿を見て、自分がネイルしたモデルさんが

どこにいるのかわからなかったぐらい。

全然別人でした。

o0480064413358594737
o0480064413358594647

本物のプロフェッショナル。本当のプロフェッショナル。

世界で活躍しているのに関わらず

なんとなく肩の力が抜けていて

楽しそうにも見えたりして。

o0480064413358594680
いつも見るファッション誌の裏側には。
こんな舞台があるんだなと。
ネイルが終わって、呆然と見てました。
o0480064413358594581
o0480064413358594601
o0480064413358594771

最初は、1本でもモデルさんにネイルができればそれで十分でした。

だけどいざ本番になると

もっと何かできることがないのかなと

自分の無力さを痛感して

歯痒かった、、

あまりの迫力にのぼせてしまい
なんて無力なんだと
もっとやりたいとも思ったひと時。

o0480064413358594637

 

私たちはパリコレに行ったのは初めてだったけど

日本人で、そんな世界の舞台で活躍しているネイリストさんが沢山いる。

日本では名前が上がらなくても

世界中で知られているネイリストさんたち。

そんな人が、沢山沢山いるんです。

 

だから今回みたいに

自分たちが感動していることなんて

その人たちからしたら、いつもの日常。

 

だけどこれがきっかけで。

そこに少しでも近づけたなら。

いつか、その方々と話してみたい。

一緒に仕事がしてみたい!!

また自分の夢が、ひとつ増えました。

 

今回のSHOWの協賛は「エクスボーテ」さん。

ワンダホー!!
o0480064413358595554

 

そして。

華やかなSHOWが終わったその日は

ホテルのお部屋にて

大切なゲストの方にネイルをさせていただきました。

 

ものすごく疲れてたけど。

いい経験でした。

そして、もちろんホテルなので。

材料は少ないし、思うようにデザインができない。

いつもの技術が提案できない。

 

だけどそれを嘆くことはなく。

また、サロンのありがたさを実感しただけ。

 

だけど本来は、そんな中でも自分の力を発揮するべきなんだなと

また、自分の無力さをここでも痛感。

o0480036013358594611

o0480064013358600236
パリは私にとって、「自分」と「ネイル」を
つなぎ合わせてくれた地のひとつでもあります。
昔はパリで数ヶ月暮らし。
その時は、自分の力でなんて歩いてなくて
全て親の力。頼ってばかりで甘えてた。
それが10年以上の時を経て、ちゃんと自分の足でまた
パリの地に足を踏み入れることができるなんて。
o0480064413358600255
私とネイルをつなぎ合わせてくれた
「ジャックモアザン」
今も健在でございました。
パリに行って
パリコレにトライして。
私は今、やりたいことができているか。
本当にやりたいことと一緒にいるか。
支えてくれた人たちを大事にできてるか。
そればかり考えていました。
いろんなものに追われることが多くなった今。
求められることを幸せに思いながらも
“ 創りたい ” と思って何も考えず創っていたものが
“ 創らなければ ” に変わり、時間に追われて過ごす今。
自分がやりたかったことは、その先にあるんやろうかって。
そしていろんな経験をしてもなお
まだ
いつも何か物足りない今。
パリの帰り道。
その全てが集結した答えと出会い。
これからは その答えたちと向き合います。
パリコレに来させていただけて
本当によかったです。
いつかお店のみんなを…パリへ。
感受性が豊かすぎる自分と
数日一緒に過ごしてくれた皆様に。
ありがとうございます。
そしてお客様に。
ありがとうございます。
そしてサロンのみんなと
日々ある商品や商材たち。
空間たちにも
感謝です!!!
Au revoir paris!!!!!!
…またきます♥
o0480064413358600300

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ブログ制作ならPOOLMAGAZINE

NEW ENTRY

最新記事のつづきを見る

CATEGORY

POPULAR ENTRY

BACK TO TOP