• コラム
  • 2015. 07. 06

講習会に参加すると上手くなれるのか?

 

“上半期を終え” が今月のオーサーテーマですが、
さて。実は茶々丸。講習活動と言いますか、セミナーなどを暫くお休みさせて頂いておりました。
鎖国と言うほど大したものではありませんが、日常の当たり前から離れる事で気づくことも沢山あるのだなぁ…と感じた事があったので今日はその事を。

講習会・セミナーに参加すると上手くなれるのか?

ふと、こう感じました…。
セミナー終了後、皆さんの顔はいつもキラキラしています。
『よしっ!明日から頑張るぞ!』
『今日、教わったこと発見した事をサロンワークで活かすんだ!』
はぃ。茶々丸も全く同じ事をセミナーに参加した時に思っています。
しかし、
そのモチベーションはいつまで続いていますか?
セミナーで教わったことをサロンで実践出来ていますか?

セミナーは日常ではありません。
自分の時間とお金をかけた大切な非日常の時間。
僕たち美容師の日常はあくまでサロンワークと言っても間違いないと思います。

非日常で学び気づいた事や、
参加してワクワクしたモチベーションを
日常のサロンワークで実践しつづけテンションをキープし自分のモノに成し得た時に!
初めてセミナーに参加した意味が達成されるのだと思います。

ただ参加しただけでは上手くなりません。

当たり前なコトですが、コレが一番大切な事なんでしょうね。一般的なメンタル論ですが…

しかし。茶々丸はこう考えます。
セミナー(講習会)の在り方自体が今のままでいいのか…?

セミナーを非日常。
サロンワークを日常とおき考えた場合、
その2つにギャップがあり、セミナーの効果をサロンでイマイチ発揮出来ていないのであれば、
セミナーの在り方自体を変える必要がある。

もしくは、従来の在り方でないニュータイプの講習会は出来ないのだろうか?
情報を発信する。受け取る。だけの在り方でなく
現場レベルでのライブ感のある講習会
例えば…。
1日丸々ベッタリと茶々丸の専属になって頂くリアル体験サロンワークとか…
根ほり葉ほり何でも現場でライブで体験する…

いや。既に講習会とは言わないのかもしれない…しサロンに垣根があれば難しいのかもしれない。

でも。もっともっと身になる方法論はあるはず
茶々丸は新しいタイプの講習会を考えてみようと企んでます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ブログ制作ならPOOLMAGAZINE

NEW ENTRY

最新記事のつづきを見る

CATEGORY

POPULAR ENTRY

BACK TO TOP