• 技術
  • 2014. 08. 12

「似合わせ」という 言葉の意味は深い・・・。

今回はメイクの方面からもみてみることにしましょうか?

一口に「似合わせ」といっても よくわからない部分が多い・・・。

 

IMG_8927

 

一般論 結果おおくの方に 「可愛い」「素敵」と言っていただければ 似合っているという事であれば

割と簡単な事かもしれない・・・。

視覚的に そうすればいいことかも・・。
例えば、
口幅:鼻幅=3:2の笑顔は「女らしい」顔だ、というのを黄金比と呼んでいたり。

1:目を中心にして、「頭の頂点まで」の長さと「アゴの先まで」の長さが同じであること。
2:「目と目の間」:「鼻の幅」が1:1
3:「目と目の間」「目の幅」が1:1
4:「顔の横幅」が「鼻の幅」の4倍。

特に「口幅」:「鼻幅」の1.5倍というのは、女性の魅力、かわいさに関係しているようです。

 

だがしかし!!

 

 

それでは すべてのかたに共感していただけないし 感動は生まれません。

 

自分が思う 「似合わせ」は やはり 「パーソナルカラー」に 帰するものとおもってます。

 

それは 先天的なものだけでなく  後天的というか カンタロウさんもおっしゃる 「キブン」と 類似した・・・。

 

自分としては・・・まあそのときの「テンション」でしょうか・・・。

 

 

例えば先天的にスプリングというパーソナルカラーを強く持っていたとしても マリンテイストのお洋服をお召しになってて シルバーのアクセサリーとくれば サマータイプ!

 

ならば 使用色でいったらピンク系ベースで 艶みたいに・・・。

 

髪型が前髪なしのサイドパート、 アクセがゴールド? ならば キブンはオータム?

 

目元スモーキー オークルベースで彩度控えめ?・・・。

 

すべての事象に パーソナルカラーって見いだす事ができると思うんですよ・・・。

もちろん性格にもね^_^@

でもそんな細かいところからも 似合わせ? しいてはキブン合わせみたいな事が  できれば 広い意味での似合わせって できる気がするんです。

 

自分が思う 似合わせって こんなことをおもって 言ってるかも・・・。

 

とにかく 自分は お客様の「テンション」を大事にしたいと おもっています。

 

まあおれはやっぱり ノリってことか・・・。結局・・・汗・・・。^_^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ブログ制作ならPOOLMAGAZINE

NEW ENTRY

最新記事のつづきを見る

CATEGORY

POPULAR ENTRY

BACK TO TOP