• 教育
  • 2014. 10. 01

「女性美容師の本音。」

今回はgrico店長、原田直美のプールマガジン!!

女性の気持ちは女性から!
男性目線が多いので.今回はウチのムスメが代表して…

ーーーーーーーーーーーーーーーー
皆様こんにちは☆

美容師歴10年目、gricoで店長を務めさせていただいている、原田直美と申します!

今日は、この場をおかりして、
わたくしが日頃から感じている、

「女性美容師の本音」

というものを、三つのテーマにわけて、赤裸々にお話させていただきたいと思います!

IMG_2835.JPG
では早速・・・

①正直、体力、ヤバイです。

そもそも、女性は男性に比べ体力がないのは当然のこと。
しかし、同じ仕事内容をこなさなければいけないのが、美容師という仕事。

朝から夜まで、立ちっぱなしの喋りっぱなし。常に神経を研ぎ澄ませ、一日中笑顔をキープし、営業後は練習会や撮影会。
とにもかくにもむちゃくちゃハードワークなのです。

そんな中で美容師を続けていくためには、自分の限界をしっかり理解することが大切。
限界までは死ぬ気で頑張って、いよいよヤバイな!と思ったら、きちんと休みをとるのです。

もちろん、手を抜いたりサボるのはダメですが、限界を超えてムリしをても結局お客様に迷惑をかけてしまいます。
そんな責任感のない人に、美容師は続けられませんよー!!


②「女性→男性」なめられない指導の仕方。

これは、店長として、先輩として、の話しになりますが・・・

「女性が上にたつ」
というのは、やはり少し難しい問題で、
「女性→女性」
ならまだしも、
「女性→男性」
への指導というのは、素直に受け入れてもらえないこともあるのではないかと思います。

なぜなら、やはり男性には、少なからず
「男のプライド」
というものがあるから。

だから私は思うんです。

逆に、その「男のプライド」をうまく使ったらいいのではないかと。

例えば・・・

「なんでやってないの?」

ではなく、

「○○くんならやれると思って任せたんだけどな。」

とか。

そういう言い方をしたら、男性スタッフはハッとするのではないでしょうか。

ただし、ここで気をつけなければならないのは、甘くする訳ではないということ。
なめられてはおしまいです。

「言う時は言う!」「きめるべきところはきめる!」という、
メリハリをしっかりとつけた指導をすることが必要だと思います。

③婚期遅れまくり問題。

はい、正直コレが一番切実な問題です。笑

①でもお伝えしたように、
プライベートな時間が多くはないことや、
生活リズムが不規則なこともあり、
出会いのチャンスが少ないんですよね・・・

かつ、このハードな仕事を理解し、優しく包んでくれる方となると・・・(e_e)

本気で美容師をやってる人ほど、婚期が遅れがちなのです・・・。

大変申し訳ないのですが、こればっかりは、私からアトバイス出来ることは、ありませんので・・・

皆様ともに頑張りましょう!!!!笑

いやー、感極まって、ついつい長々と書いてしまいました(._.)

色々苦悩も多い女性美容師ですが、お客様の笑顔やありがたい感謝の御言葉など、
全ての悩みが吹き飛ぶくらいの、喜びもたくさん^_^

むちゃくちゃ大変だけどむちゃくちゃ最高なこの仕事を、これからもずーーーっとずーーーっと続けていきたいと思います☆

女性美容師の皆さん!
ともに頑張りましょう!!!
grico 原田直美

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ブログ制作ならPOOLMAGAZINE

NEW ENTRY

最新記事のつづきを見る

CATEGORY

POPULAR ENTRY

BACK TO TOP