• 経営
  • 2014. 07. 18

【社会人になって親のスネかじり】は恥ずかしい?

20140718-170140-61300959.jpg
(画像は内容とは関係ありません。)

地方から一人暮らしで東京に来て美容師アシスタントやってる人が多いと思うんだけど…

「まともに生活出来ているかな?」

よく、質問される事があって、それは美容師になっての収入の話もあるんだが、稀にガチな質問を寄せてくれる子がいて、そういった答えづらそうなものに答えてみようと思う。

*アシスタント時代に親に生活費を援助してもらっていましたか?

現在でも厳しい生活送ってる人も一杯いると思う。

基本的には美容室アシスタントてのは低収入だと思います。(平均ベース、東京相場では)

もちろん、そこら辺は近い未来の話で改善していく余地があると思う。

んでも現実論、生活とかは厳しいっていうのがあると思う。

「あっ!すいません!僕は30手前までスネかじってました。;^_^A」

ま、ホントストレートに言うんですが、正直無理でしたねー。

これを肯定しようとはさらさら思わないのですが、嘘つく必要もないし、カッコつけても仕方ない事だと思います。

現実そう歩んでしまったので。

僕はアシスタントからスタイリストになるまでは早かったのですが、スタイリストになってからは伸び悩む時期が長くて…

スタイリストだったとしてもあまりアシスタントの子とあまり変わらない収入レベルと言いますか…

やっぱ実力主義みたいな所ありますからねぇ。美容師は。

生きてくには別に困りませんでしたが、メシ食える食えない?でいうといつもギリギリでしたねー。

かなり長い期間そうでしたね。

まともにノッたのが30手前くらいで結構暗黒な時代過ごしたと思いますよ。

まあ、浪費家という部分は間違いなく避けて通れず、全て自分が悪いのですが。

親に電話とかするのが心苦しくて苦しくて…

んでも最終結局頼るとこはそこだったんすよね。

それが出来る出来ないあると思いますし、親に頼るということが出来ていた僕は本当に恵まれていたと思います。(全然誇れる所でも、推奨しているわけでも、それが出来ない人への当てつけでもありません。)

ウチは決して裕福ではありませんでしたが、暖かく見守ってくれてましたね。

しかし、その後、30代になって普通に暮らしていけてるわけなんですが、その過去の履歴からかとても厳しい目線で見られていますが…。。。

ぶっちゃけ、致し方ない所もある。

というのが本音で、自分もそうでしたし、スネかじってるからと言って否定しようとも思いませんね。(東京物価高すぎやん。)

ま、現実論みんな厳しいっすよねw

中々人生難しいと思いますよ。

(現実、例えば15万くらいの月給一人暮らしで「家賃7万」「水道光熱費 1万」「保険諸々1万」としてもまぁ、目も当てられない部分ありますよねw付き合いも仕事の一つだったりする職業ですし、すぐ終わりますねw)

んでもこれまた凄いのが…

*家が裕福な人の方がストイックだったりする!!

面白い事に、スネかじりが容易に出来そうな家庭環境の人の方がストイックだったりしますよね。

僕の先輩で総合病院院長の息子さんの方もいましたがアシスタント当時…

「いつもパンの耳食ってた」

んですよ。

「それどうしたんですか?」と尋ねると…

「近所のパン屋で安くおろしてもらった」

とか言ってましたね。

僕のイメージでは「パンの耳」でしかありませんでした。その先輩は。ね、しげな……さん。いややめておこう。

色んな人がいるものです。

そう。

「色んな人がいる」

のです。

僕は別にそういうのを推奨しているわけではないですよ。

頼らない事に越したことはありません。それは当然です。

ですが、現実厳しさもあり、そういった改善の余地があるべき所は自分もそういった過去を糧とし、会社を動かす努力も出来る部分があると思っています。

別に全員同じ人ではないです。正直。

歩んで来た経緯も、そういった暮らしにまつわる事も。

もしや、そういった事が悩みの一つに数えられる人がいるのならそこにという人間も一人刻んどいてください。

気持ちだけでも救われるんなら。

んでも僕は…

「恥ずかしいですよ。振り返るとwww」

まあ、後戻りは出来ないですからね。

後はしっかりと親の面倒見て行きたいと思います。

最終的には必ず。

そう思えてればいいのではないでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ブログ制作ならPOOLMAGAZINE

NEW ENTRY

最新記事のつづきを見る

CATEGORY

POPULAR ENTRY

BACK TO TOP